的中率を踏まえたコスト面でのメリットは競馬情報サイトの方がお得と言えます。

MENU

競馬情報サイトとソフトはどちらが得か~コストで比較する

 

コストで比較する

 

競馬でレースを的中させるために、それぞれが独自の方法で予想を組み立てているでしょう。
自分の直感を信じる人も居れば、誕生日や縁起の良い数字で馬券を買う人も居ます。
競馬情報サイトや予想ソフトでレースを的中させようとするのも競馬の楽しみ方の1つです。

 

ここでは有料の情報を使った競馬の楽しみ方について触れたいと思います。
競馬情報サイトや予想ソフトは有料だから得られる情報があります。
この2つをコストの面で比較すると、どちらが得と言えるのかは簡単に結論を出せません。
純粋なコストと的中率を加味したまとめをしてみたいと思います。

 

コストだけで比べた場合

純粋なコストだけで競馬情報サイトと予想ソフトを比べてみましょう。

 

まず競馬情報サイトですが、月額課金が多く導入されています。
月額2000円から高くても4000円程度が相場です。
仮に1年間利用を続けたとすると、2万4000円から4万8000円となります。
さらに、有料の情報を閲覧するのに別途予算が掛かるため、3万から5万のコストだと見るのが妥当です。

 

一方の予想ソフトですが、こちらは安くても15万、高いと200万という超高額の価格になっています。
ずっと使い続けられると考えれば安いかもしれません。

 

しかし、初期投資としてはかなりの金額になるので慎重になる方が良いでしょう。
10年間使い続けるのを前提にしているなら間違いなく安くなります。
ですが、気を付けておきたいのは競馬予想ソフトの販売会社がサービスを終了してしまう状況です。
こうなると予想ソフトはただのゴミとなり使い物にならないでしょう。
的中率が大幅に上がる反面、リスクはかなり大きいです。

 

的中率を踏まえたコストの考察

競馬予想サイトの的中率は一般的に30%から40%と言われています。
対する予想ソフトは40%から55%あれば良いと考えられているのです。

 

この的中率を踏まえた上で、どちらがコスト的にお得かを考察してみたいと思います。
まず、年間のコストとしては競馬情報サイトの方が遥かに安いです。
月額課金制であればいつでも課金を止めることが可能なのもメリットです。

 

予想ソフトは最初に購入するので初期投資としては大きな出費となります。
ただし、的中率が高いので倍率が高い時に大金を投入して元を取るという考えもあります。

 

以上のことから、的中率を踏まえたコスト面でのメリットは競馬情報サイトの方がお得と言えます。
大金を稼ぐことを目的にしているなら予想ソフトの方が良いですが、かなりの高コストになるでしょう。
競馬を楽しむスタイルにもよりますが、コストは競馬情報サイトの方がメリットがあるのです。