無敗で3冠馬になり、競馬界にその名を轟かせたのがディープインパクトです。

MENU

【ためになる競馬情報】GⅠ・名馬特集!ダービー馬に輝いた競走馬達

競馬をするなら知っておきたい情報が多々あります。
名馬と呼ばれる存在はいつの時代にも存在していて、人々の心に強く残っているのです。

 

ダービー馬に輝いた栄光ある競走馬達の名前を心に刻み付けておきましょう。
競馬は博打ですが、それ以上に競走馬や騎手の熱いレースが見所です。

 

過去にどんな名馬が居たのか、歴史のフタを紐解いてみましょう。

 

伝説の名馬ディープインパクト

伝説の競馬馬

ディープインパクト、競馬をやる上で知っておきたい伝説の名馬です。
無敗で3冠馬になり、競馬界にその名を轟かせたのがディープインパクトなのです。

 

美しい毛並みと凛々しいスタイル、そして他の馬を寄せ付けない圧倒的な走りは感動さえ覚えます。
だからこそ、第50回有馬記念でのディープインパクト敗北はファンの心を悲しませました。
競走馬を引退した後もディープインパクトの血を引く子供は多数存在しています。
ディープインパクトの血筋は今も尚、競馬界に強く残っているのです。

 

暴君と呼ばれたオルフェーヴル

圧倒的な走力で競馬ファンを魅了したオルフェーヴルですが、その気まぐれさはまさに暴君でした。
凱旋門賞からジャパンカップまで走りこなすタフなバイタリティーを持っており、その才能は輝かしいの一言に尽きます。
しかし、阪神大賞典では逸走して競馬会場を悲鳴の渦に陥れてました。
時には最下位を独走するなど気まぐれさが際立つ競争馬で、暴君と呼ばれる所以です。

 

気まぐれさが無くなり真剣勝負をするようになれば、ディープインパクトを超えるとも言われる名馬です。
引退が決まり、最後に走った有馬記念では最高の走りを見せて堂々たる1位を獲得しています。

 

武豊が乗ったスペシャルウィーク

今でも現役で活躍する武豊騎手が初めてダービーの栄光を勝ち取った際に乗っていたのがスペシャルウィークです。
王道の安定力があり、着実な力強い走りをするのが特徴でした。
海外の名馬が来てもそれに負けない勝負強さは、日本代表にふさわしい名馬です。

 

王者の名前を持つにふさわしく、ダービーを背負うために存在していると言っても良い存在感があるのです。
ジャパンカップに天皇賞春と秋を制覇し、ダービーの栄光を手に入れた走り様は王者でしょう。

 

競馬会場で競走馬を見ていれば、こうした名馬の誕生に立ち会えるかもしれません。
この馬に賭ければ勝てる、そんな幻想に感じる現実を見せてくれる可能性は十分にあります。
ダービー馬の歴史を知るだけでも競馬に対する想いが強くなるのではないでしょうか?

 

⇒競馬がより楽しくなる競馬情報豆知識